タマンアユン寺院

パワースポット 教会・寺・神社 国:インドネシア   州・県:   エリア:

タマンアユン寺院

タマンアユン寺院は、バリ島中西部タバナン県ムングゥイにあるバリ島で2番目に大きな寺院で、ウブドから車で30分ほどのところにある。この地にあったムングゥイ王国の国寺として1634年に建てられた。寺院の周囲には堀があり、寺院内は芝生が広がっている。観光客だけではなく地元市民の憩いの場ともなっている。境内は祭り(オダラン)以外は閉められ、内部は寺院を管理する僧侶だけが入れる。境内周囲には遊歩道があり、一般の観光客は遊歩道から境内を見渡すことができる。
寺院の最大の特徴として、境内にはメル(宝塔)と呼ばれる多重塔が10基並んでおり、多重塔は霊峰アグン山を模しているとも言われ、整然と並んでいる。

バリ島にはかつて9つの王国があり、現在では王国が県となっが、タマンアユン寺院があったムングゥイ王国だけは、19世紀後半、西側のタバナンと南側のバドゥン王国の連合軍に敗れ、領土はタバナンとバドゥン王国に分断され、ムングゥイ王国は消滅した。タマンアユン寺院も同時期に荒廃したが、1937年に改修された。

パワースポットとしてのタマンアユン寺院:
タマンアユン寺院は、バリ島で最も美しい庭園寺院と言われ、公園のような美しさで訪れる人たちの目を楽しませている。聖なる山である「アグン山」を模したと云われるメル(宝塔)の姿が、神秘的な荘厳さを醸し出していて、寺院という神聖な場所にふさわしい佇まいになっている。縁結びの神様が住むと言われ、地元の人は将来を真剣に考える人とお参りに訪れる場所になっている。

参拝にはいくつかマナーがあり、「肌を露出した服装で訪れない」、「生理中の女性は立ち入り禁止」などになっており、これらはバリの寺院では共通のマナーである。

英語:Taman Ayun Temple

アンケートに回答するには会員登録が必要です。

会員登録(無料)

  • タマンアユン寺院イメージ

  • タマンアユン寺院イメージ

  • タマンアユン寺院イメージ

  • タマンアユン寺院イメージ

  • タマンアユン寺院イメージ

  • タマンアユン寺院イメージ

  • タマンアユン寺院イメージ

  • タマンアユン寺院イメージ

キャンペーン・イベント情報

観光地情報

観光地名 タマンアユン寺院
インドネシア
都市/地域   
住所 Jalan Ayodya, Mengwi, Kabupaten Badung, Bali 80351 インドネシア
駐車場の有無
営業時間 9:00~18:00
問い合わせ先

タマンアユン寺院のクチコミ情報

    現在タマンアユン寺院のクチコミはありません。


クチコミを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録(無料)

カプトリスタッフからのコメント

    現在タマンアユン寺院のカプトリからのコメントはありません。