アヤソフィア

世界遺産 パワースポット 美術館・博物館・植物園 国:トルコ   州・県:   エリア:

アヤソフィア

アヤソフィア(トルコ語:Ayasofya)は、西暦360年に東ローマ帝国(ビザンティン帝国)時代に正統派キリスト教の大聖堂としての建設を起源とし、コンスタンティノープル総主教座の所在地であったが、1204年から1261年まではローマ・カトリックの教徒大聖堂とされていた。1453年から1931年までの長期間にわたり、オスマン帝国の時代においても第一級の格式を誇るモスクとして改築を繰り返し、現在の特徴的な建物となり、1935年2月1日から博物館として使用されている。

キリスト等のモザイク画は漆喰で塗り固められていたが、近年の修復工事により再発見され、現在ではキリスト教様式とイスラム教様式が同居するという世界的にも大変珍しい建築物となり、1985年には世界文化遺産としても登録された。

そんな「アヤソフィア」「聖母マリアの手形」別名「すすり泣く柱」
この柱にある小さなくぼみに指を入れて水で濡れるか、もしくは親指を入れ残り4本で指が柱から離れることなくクルッと一周できれば、願い事が叶うと云われています。そのため、ここを訪れる多くの人がこの柱に祈願していくのだそうです。

パワースポットとしてのアヤソフィア:

「アヤソフィア(バジリカ聖堂)」内部には、「すすり泣く柱(聖母マリアの手形)」といわれる、観光客に大人気の1本の柱があり、視力が良くなる・子宝に恵まれる・願い事が叶うといった利益があると云われている。ここを訪れる多くの人が利益にあやかるために、穴に指を入れていくため、柱には保護用の銅板が施されている。

英語:Ayasofya (Historic Areas of Istanbul)

アンケートに回答するには会員登録が必要です。

会員登録(無料)

  • アヤソフィアイメージ

  • アヤソフィアイメージ

  • アヤソフィアイメージ

  • アヤソフィアイメージ

  • アヤソフィアイメージ

  • アヤソフィアイメージ

  • アヤソフィアイメージ

  • アヤソフィアイメージ

キャンペーン・イベント情報

観光地情報

観光地名 アヤソフィア
トルコ
都市/地域   
住所 Sultanahmet Mh., Ayasofya Meydanı, Fatih/İstanbul, トルコ
駐車場の有無
営業時間 9:00~19:00
問い合わせ先

アヤソフィアのクチコミ情報

    現在アヤソフィアのクチコミはありません。


クチコミを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録(無料)

カプトリスタッフからのコメント

    現在アヤソフィアのカプトリからのコメントはありません。