久能山東照宮

パワースポット 教会・寺・神社 国:日本   州・県:静岡県   エリア:

久能山東照宮

久能山東照宮(くのうざんとうしょうぐう)は、静岡県静岡市駿河区根古屋の久能山(標高216m)に所在する神社で、晩年を駿府で過ごした徳川家康が元和2年(1616年)に死去した後、その遺骸は遺命によって久能山に葬られ、1617年1月(元和2年)には2代将軍・秀忠によって久能山東照社の社殿が造営された。家康の遺命は久能山への埋葬および日光山への神社造営であったために、日光山の日光東照社もほぼ同時期に造営が始まった。

推古天皇(592- 628年)の頃に久能忠仁が久能寺を建立し、1568年(永禄11年)に駿府へ進出した武田信玄は、久能寺を矢部(現在の静岡市清水区)に移し、久能城を築いた。武田氏の滅亡の後に駿河は徳川家康の領有するところとなり、久能城もその支配下に入った。

江戸時代には20年に一度、明治時代以降では50年に一度、社殿を始めとした諸建造物の漆塗り替えが行われており、近年では2006年に社殿の塗り替えが完了し、2010年12月に、本殿、石の間、拝殿が国宝に指定された。2015年には鎮座400年を迎えた。

楼門のすぐ下には、康公の手形がある。当時の家康公は38歳、身長は155cm、体重60kgであった。

英語:Kunouzan Toushouguu

アンケートに回答するには会員登録が必要です。

会員登録(無料)

  • 久能山東照宮イメージ

  • 久能山東照宮イメージ

  • 久能山東照宮イメージ

  • 久能山東照宮イメージ

  • 久能山東照宮イメージ

  • 久能山東照宮イメージ

  • 久能山東照宮イメージ

  • 久能山東照宮イメージ

キャンペーン・イベント情報

観光地情報

観光地名 久能山東照宮
日本
都市/地域 静岡県  
住所 静岡県静岡市駿河区根古屋389
駐車場の有無
営業時間
問い合わせ先

久能山東照宮のクチコミ情報

    現在久能山東照宮のクチコミはありません。


クチコミを投稿するには会員登録が必要です。

会員登録(無料)

カプトリスタッフからのコメント

    現在久能山東照宮のカプトリからのコメントはありません。